React * Next.js * TypeScript で何か作ろう
目次

アプリの種をつくる

# 新しいNext.jsアプリを作成
npx create-next-app

# Starts the development server.
cd path/to/app
npm run dev

# Builds the app for production.
npm run build

# Runs the built app in production mode.
npm start

# TypeScript の導入
npm install --save-dev typescript @types/react @types/node
touch tsconfig.json
# dev サーバーの再起動が必要
npm run dev

# React Bootstrap の導入
# https://react-bootstrap.github.io/getting-started/introduction
# _app.tsx に `import 'bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css';`
npm install react-bootstrap bootstrap

# styled components の導入
# https://styled-components.com/
npm install --save styled-components
npm install @types/styled-components

# styled components: Babel Plugin
# https://styled-components.com/docs/tooling#babel-plugin
# .babelrc も書く
npm install --save-dev babel-plugin-styled-components

Vercel へ deploy

  1. Vercel アカウントを作成し、GitHub 連携する (すでに持っている場合はスキップ)

  2. GitHub に deploy したいアプリの repository を作成して push する

  3. GitHub の自分のアカウントに https://vercel.com/github (Vercel for GitHub) をインストールする

  4. Repository access を設定する

    • ここ https://github.com/settings/installations でインストール済みの GitHub Apps が見られる

    • 「すべての repositories にアクセスを許可する」 or 「選択した repositories のみにアクセスを許可する」が選べる

  5. Vercel から Import Project (dashboard 画面右上の黒いボタン) する

    • 「Import Git Repository」を選択 > Continue > import したい Git repository の URL を入力

      • 手順3 で、 import したい repository にアクセスを許可をしていないと、ここで import したいプロジェクトが「ない」、と言われる

    • Continue する

  6. 勝手に deploy が始まって、終わったら ドメインが 3つ払い出される

    • deploy 時にエラーが発生すると、 production にはデプロイしないでおいてくれる