Linux いろいろメモ
目次

ユーザー/ユーザーグループを確認したい

# ユーザーの一覧
$ cat /etc/passwd
# ユーザー名:暗号化されたパスワード:ユーザーID:グループID:コメント:ホームディレクトリー:ログインシェル(ログインした際、最初に起動するシェル)
fumi23:x:1061:1001::/home/fumi23:/bin/bash

# ユーザーグループの一覧
$ cat /etc/group
# グループ名:暗号化されたパスワード:グループID:サブグループとして所属しているユーザーアカウントのリスト
dev:x:1001:

ディスク容量/使用量を確認したい

# ファイルシステムの使用領域と空き領域を表示する
$ df -h

# 指定したディレクトリのディスク使用量を表示する
$ du -sh /path/to/husky

圧縮・展開

# 圧縮: 前のはなくなる
$ gzip husky-dump.sql
# 展開: 前のはなくなる
$ gzip -d husky-dump.sql.gz

# アーカイブと圧縮: 前のはなくならない
$ tar -cf husky.tar husky
$ gzip husky.tar
# 展開: 前のはなくならない
$ tar -zxvf husky.tar.gz

# zip 圧縮
$ zip -r /path/to/husky.zip /path/to/husky
# zip 展開
$ unzip /path/to/husky.zip

転送

SCP

# サーバー => ローカル (踏み台サーバーを経由)
$ scp -r -o "ProxyCommand ssh <ユーザー名>@<踏み台サーバー名> -W %h:%p" <ユーザー名>@<サーバー名>:<転送元: サーバー上のファイルパス> <転送先: ローカルのパス>
$ scp -r -o "ProxyCommand ssh fumi23@fumidai-server -W %h:%p" fumi23@remote-server:/path/to/fumi23 ~/fumi23

SFTP

$ sftp <ユーザー名>@<サーバー名>
# ローカル => サーバー
sftp> put husky.tar.gz
# サーバー => ローカル
sftp> get husky.tar.gz
# sftp をおしまいにする
sftp> quit

サービスの起動/停止とか

# 起動
$ sudo systemctl start mysqld
# 停止
$ sudo systemctl stop mysqld
# 再起動
$ sudo systemctl restart mysqld
# ステータス表示
$ systemctl status mysqld

# 起動
$ sudo service nginx start
# ステータス表示
$ sudo service nginx status

ls -l

# . から始まるファイルも全部表示する
$ ls -la
# ファイルのパーミッション、所有ユーザ、所有グループ、ファイルサイズ、タイムスタンプ、ファイル名
-rw-------  1 fumi23 dev   1047  5月 30 16:20 .viminfo
-rwxr-xr-x  1 root   root 35359  5月 30 12:15 shiba.dog
drwxrwxr-x  2 fumi23 dev   4096  4月 18 13:38 husky

# 更新日の新しい順
$ ls -lt

# 更新日の古い順
$ ls -ltr

su

# ユーザーを指定しないと root に切り替わる
$ sudo su -

# ユーザーを  www-data に切り替える
$ su -l -s /bin/bash www-data
-, -l, --login

切り替え後のユーザーの設定を使用する

- なし

カレントディレクトリも環境変数も、切り替え前ユーザーのものを引き継ぐ

- あり

カレントディレクトリも環境変数も、切り替え後のユーザーのデフォルトを使用する、切り替え前ユーザーのものは引き継がない

-s

切り替え後のユーザーが使用するシェルを指定できる

sudo

$ sudo -iH
-H

環境変数「HOME」をrootユーザーのホームディレクトリに変更してコマンドを実行する

-i

rootユーザーのデフォルトのシェルをログインシェルとして実行する。コマンドを指定しなかった場合は対話シェルとなる。

-u

コマンドを実行するユーザーを指定する (指定しないと root)

  • sudoを実行するには、あらかじめ /etc/sudoers ファイルに権限を与えられるユーザーとコマンドを設定しておく必要がある。

最初に叩くコマンドまとめ

# メモリーの使用状況をMバイト単位で表示する
$ free -m
# ディストリビューションのバージョンを確認する
$ cat /etc/redhat-release
$ ls
$ pwd
$ ls /home
$ df -h
# パッケージキャッシュの削除
$ yum clean all
# パッケージの更新
$ yum -y update

dev と devel の違い

python-devel

RedHat (CentOS) 系

python-dev

Debian (Ubuntu) 系

debconf-utils

  • パッケージインストール中の設定に関する質問への返答を、あらかじめ設定しておける

    • インストール中に質問されなくなる

    • 設定しておいた返答が使用される

  • インストールを自動化するときに便利

SELinux

# 有効になっている
$ sudo getenforce
Enforcing

# 無効にする
$ sudo setenforce 0

# 無効になっている
$ sudo getenforce
Permissive

メールのログ

  • 一般的にメールのログは /var/log/mail.log にある

    • 検証用にローカルVMにpostfixを建てるなどした場合は、localhostの /var/log/mail.log にログがある

  • なにかしらのサーバーログを見たい場合はとりあえず ( sudo journalctl ) あたりでみる ( /var/log/syslog でもok)

未整理

  • source って同じシェル内でコマンド実行するんですけど、 sudo って別のシェルになるんで、 source した結果が引き継がれないんですよね

  • top: display Linux tasks

  • これはものすごく便利... (ありがとうございました) : https://explainshell.com/